ルリスのブログ

毎日を楽しく過ごすため日夜活動中です。

猟師(マタギ)ってどんな仕事??

f:id:rurisu01:20200416122619p:plain

皆さま、お疲れ様です。

こういう自然と関わる仕事に関しては常人より詳しい自信がある、変わり者と呼ばれ続けているルリスです。

 

さて、今回は変わった職業シリーズの紹介ですが(笑)、

今回は“猟師”についてお話したいと思います。え??“漁師”ではありませんよ?

皆さんは猟師と聞いてどんなイメージを想像しますか???

なんかこう・・・イノシシの皮の着て、三角笠をかぶり、山を走り回る職業…って感じじゃないでしょうか?

実はそれ…”猟師”ではなく、”マタギ”なんです!!

 

・猟師とマタギの違いとは???

似たような職業ではあるんですが、北東北の雪深いところで活動している猟師の事をマタギと呼びます。他にも細かい違いはあるんですが、皆様の知っている漫画やアニメで登場する猟師はマタギで間違いないと思います(笑)

f:id:rurisu01:20200416124544p:plain

⇧がマタギです。

まぁ槍や杓子はやりすぎな気がしますが(笑)

頭の笠は大雪の際の雪除け、獣の毛皮は人の匂いを消して獲物に近づくため、足元の履物のかんじきは雪に足元を取られないように歩けるものです。

他にも地味な暗い色の服を着ています。

 

f:id:rurisu01:20200416125204p:plain

⇧が猟師ですね。イメージがかなり違うと思いますが(笑)

まず目立つ色のジャケットを着ている事が多いですね。獲物から見たら目立つのでは!?と思ったそこのアナタ!正解です!!

この目立つ色は集団で狩猟を行った際に誤射を避けるためです。

どちらかといえば職業というよりは趣味で猟友会に所属している方が多いイメージですね。

 

・そもそも猟師ってどんな仕事??

猟師とは・・・駆除対象に登録されている生き物を駆除して収入を得て生活している方の事を指します。

「簡単じゃん!!楽そう!!」と思うかも知れませんが、大きな間違いです

想像してみてください。

普段生活していて生き物を見かけて捕まえるのとは訳が違います。野生のシカやクマ、ウサギ、イノシシを見かける回数は多くても一年に2~3回程度だと思います。それを毎回探しだして仕留め、無事下山して初めて報酬がいただけるのです。

そんなに簡単に野生の生き物を仕留められるなら家畜はいりませんよね(笑)

 

・気になる駆除報酬

害獣駆除の報奨金は町や市の状況によって違いますが、シカの食害が大きい北海道ではシカ一頭あたりの報奨金は7000円前後だったような・・・(;^ω^)

ヒグマは10000円前後でしたね。倒せればですが。

あくまでこれはモンハンでいう討伐報酬的なもので手に入れた素材で副収入を得る事も可能です。シカの角や牙はアクセサリー、肉は当然ジビエなどの料理人に売ることも可能でしょう。

もう一度言います。倒せればですが。

f:id:rurisu01:20200416165515p:plain

・猟師にはどんな資格が必要??

・狩猟者登録

猟師になろうと思った方はまず狩猟登録をしましょう。これがないといくら凄腕のスナイパーだろうとただの密猟者です。

・狩猟免許

一口に狩猟免許といっても様々な種類があります。

第一種猟銃:ライフル銃を使って狩猟を行う事ができる免許です。

第二種猟銃:ライフル銃が使えず、ガス銃と空気銃を使う事が出来る免許です。

罠猟:罠を仕掛けて獲物を捕るタイプの免許です。

網猟:投網など網を中心に獲物を捕るタイプの免許です。

・罠、銃の扱い講習と所持許可証

これは狩猟者登録した時点で説明を受けると思いますが、危険が伴うのでしっかり学びましょう。

f:id:rurisu01:20200416172037p:plain

 

いかがでしたでしょうか?

この記事で猟師・マタギのイメージアップにつながってくれれば幸いです。

しかし、生き物の命をいただいて成り立つお仕事なので軽い気持ちで猟師になるのはおススメしません。(猟銃を撃ちたいだけとか)

しっかりと自然に感謝できる方に猟師になっていただきたいものですね!!

偉そうな事を言ってすいません(;^ω^)

 

では皆さん、今回はここまで!また会いましょう!さよなら!

アコガレノショクギョウノヒトツダヨナァ…(*‘ω‘ *)

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村