ルリスのブログ

毎日を楽しく過ごすため日夜活動中です。

~大人も楽しい環境教育授業~ ホタル編

f:id:rurisu01:20200428134506p:plain

皆さま、お疲れ様です。

少し前に身近な生き物の豆知識、名前の由来などを記事にしたんですが、ルリス個人的に記事を書いていて面白かったのでシリーズものにしようと思います。(笑)

www.rurisu01blog.me

www.rurisu01blog.me

 

さて、今回取り上げるテーマは

“ホタル”です。

f:id:rurisu01:20200428135325p:plain

「え??今ホタル??季節早くね??」と思ったそこのアナタ・・・

ルリスもそう思います(笑)

そんな疑問はほっぽってホタルのお話しに入ろうと思います。

 

・ホタルといえば・・光。

皆さんが想像するホタルといえば儚く光るロマンチックな存在だと思います。

そのホタルの特徴と言うべき光ることですが、実は全てのホタルが光るわけではありません。

その光る種類の中で有名なのは「ゲンジホタル」と「ヘイケホタル」でしょう。

名前は皆さん聞いたことがあると思いますが、平家と源氏・・・ただならぬ関係だと思いきや、ただよく似た姿なので昔からそう呼ばれていたようです。※所説あり

せっかくですから光り方の違いも解説しておきましょう。

・ゲンジボタルは強く、ゆっく~り光る種類ですね。

・ヘイケボタルはパッパッと光る消えると繰り返すように光ります。

⇓参考映像 左:ゲンジボタル、右:ヘイケボタル


ゲンジボタル ヘイケボタル 光り方

外見にも特徴はあるんですが、今回は省略しましょう(笑)

明るいうちにホタルを見つけて確認するのが難しいので(;^ω^)

 

・ホタルの光る仕組み

ここからは科学のお話しになります。

ホタルは体内で“ルシフェリン”と“ルリフェラーゼ”という物質を混ぜ合わせて発光しています。この発光を冷光と言います。熱が出ない光のことですね!!

ホタルの他にも体が光る生き物の発光はほとんどこの冷光です。熱が出たら大変ですしね(笑)。

この光る仕組みを利用しているものが、お祭りなどでよく見かけるケミカルライトですね。たしかにあれ、熱くならないですね!!

 ルリスが学生時代の時はこのホタルの発光実験キットが販売されていたのですが、現在は販売中止になっていますね・・・。

その代わり、“ウミホタル”の発光実験キットは販売されているようですね!!

ウミホタルは青白く光るので明るいところでも観察しやすいと思いますよ!!

子供の夏休みの自由研究にいかがでしょうか?

教室を暗くして、発光させれば教室内大盛り上がり間違いなしですよ!!

発光実験用乾燥ウミホタル ビン入り

発光実験用乾燥ウミホタル ビン入り

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 あ、海が近いのであればウミホタルは簡単に採取する事ができますよ!!

蓋がアルミのビンを準備して蓋にキリで穴を数か所開けましょう。そうしたらビンの中に魚の切り身をいれ、浅瀬の海に沈めるだけ!!

数時間もすると中に小さな生き物がたくさん泳いでいる姿が確認できると思いますので、目の細かい網でこして中身をよく揉んでみてください。

青白く光れば無事成功になります。

※光らない場合は残念ながらウミホタルが集められなかった場合があります。

 

・ホタルはどんな場所で見る事ができる??

ホタルを見る事が出来る場所のお話しをする前に、ホタルの生活のお話しをしたいと思います。

上記で紹介したホタルは、

・卵時代:土の中や泥の中。陸上。

・幼虫時代:水の中。カワニナやタニシなどの貝をメインで食べる。

・成虫時代:陸上生活。水くらいしか飲めない。

の生活サイクルなんですが、

実はホタル界では少数派なんです。

※そのうち光ることが出来るのもさらに少数派です(笑)

f:id:rurisu01:20200428151329j:plain

 さて、ここで注目したいのは幼虫時代の食べ物、カワニナ、タニシなどです。

この2種類は見たことは少ないとは思いますが、水が汚いところにいるイメージありませんか?

まさにその通りであまりきれいとは言えない水環境に生息する生き物なんです!!

水がきれいすぎるとエサがいないのでホタルは住めないんですよね(;^ω^)

あと重要なのが、卵を土の中に産むので川辺が卵を産める草むらや土砂であればなお良しです!!

「ホタルはきれいな水辺にすむ生き物だよね?だからきれいなにいこう!!」

⇧正直出会えるかも知れませんが可能性はかなり薄いです(笑)

「ホタル?じゃあ田舎の田んぼでもいこうか」

⇧場所にもよりますが川に行くよりは会える確率がグンと上がります。

 

・ホタルを見に行く時の注意点

夜中、ホタルが飛んでいる時に懐中電灯や車のライトを浴びせるのはホタルにとってよくありません。最悪ショック死してしまう個体もありますので、ある程度近くまできたら車から降り、最低限、足元を照らすぐらいにしておきましょう。

あとは飼育するために捕獲するのはいいのですが、他の地域に移動させて逃がすのはダメですよ!!

f:id:rurisu01:20200428153928p:plain

 

・最後のホタルクイズ!!

では、ルリスのクイズで最後にいたしましょう!!

それでは問題です!!デデン!!

・ホタルはどの成長段階で光りだすでしょうか??

A:卵時代 B:幼虫時代 C:成虫時代

 これはご存じの方もいるかもしれませんね(;^ω^)

答えは“A:卵時代”でした!!

卵で光っている状態……一度見てみたいものですね!

 

では皆さん、今回はここまで!また会いましょう!さよなら!

ホタルサイキンミテナイナァ(*‘ω‘ *)

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村